『銀河釉でやきもの体験』無事終了!


10月6、7、8の3日間、良いお天気に恵まれて、今年のやきもの体験も無事に終了いたしました。

毎年来てくださるお客様に、初参加の方々も交えて、一日、土あそびを楽しんでいただきましたが、私たちも みなさんと親しくお話できるこのイベントで、やる気、元気をいただいています。
3日間が終わった後の疲れは、心地よい疲れです。

これから、みなさんの作品が出来上がるまでは、しばらく時間がかかりますが、今年はどんなふうに焼き上がるでしょうか。
みなさん、首を長くして、お待ち下さいね。

また、今年は、菖蒲の隠者さんのアイデアで、昔使っていた石炭窯の中を片付けて、カフェコーナーにしたところ、とても好評でした。
窯の中なんていう空間は、普段ありえないものなので、ちょっとしたサプライズ!
JAZZの音の響きも良くて、いい雰囲気でしたよ。

「銀河釉でやきもの体験」無事終了!

「銀河釉でやきもの体験」無事終了!
いにしえの石炭窯がおしゃれに変身!

「銀河釉でやきもの体験」無事終了!

「銀河釉でやきもの体験」無事終了!

「銀河釉でやきもの体験」無事終了!
やきもの体験、初日のみなさんの奮闘ぶり!

「銀河釉でやきもの体験」無事終了!

「銀河釉でやきもの体験」無事終了!

「銀河釉でやきもの体験」無事終了!
毎年ご夫妻で作られる「銀河釉モザイク画」の作品。今年は珍しいカワハギと花がテーマだったようです!

「銀河釉でやきもの体験」無事終了!
こちらは始めて作られた「銀河釉モザイク画」。タイトルは「虹」です!

秋の長閑な一日、彼岸浮立のご紹介


このごろは、穏やかな過ごしやすい毎日ですが、みなさんお元気ですか?

穏やかな秋の一日、山内ではお彼岸の浮立が町中で奉納されました。
今年は、この浮立を見て回るツワーバスが始めて出ていましたが、こういう郷土芸能もだんだん受け継ぐのが難しくなってきているようです。

私たちの住む立野川内地区は、虎浮立が名物ですが、この浮立の「二十四孝」という演目に、始めて息子の真徳が出ましたので撮影しました。
少林寺拳法をやっている息子の長年の相棒に誘われての参加でしたが、いつもは武道に励んでいる圭一郎君と真徳のちょっと違った一面が見られて楽しかったです。
そして、この長閑な田園風景がいつまでも続くようにと願った一日でした。

今年もやります!『銀河釉でやきもの体験のご案内』


9月になり、暑さも和らいできましたね。皆様、お元気ですか。
玉峰窯も暑さが下火になってきましたので、これから窯入れのシーズンです。

今年も、秋のイベント「銀河釉でやきもの体験」を開催いたします。
期間は、10月6日(土)、7日(日)、8日(月、祝)の3日間です。

このごろは新聞に、初めての陶芸についてのシリーズ「土と遊ぶ」が連載されていたり、 趣味としての陶芸にも関心が高まっているようです。
玉峰窯のやきもの体験は、一日中、土と遊んでもらって、自分だけのオリジナル銀河釉作品を作っていただくという企画です。

やきもの作りに興味を持たれている方は、どうぞ時間を作ってご参加ください。
今年も皆様のお越しをお待ちしています。

■玉峰窯 秋の窯まつり「銀河釉でやきもの体験」

■と き:10月6日(土)~8日(月、祝) 10:00 ~ 17:00

■ところ:玉峰窯自宅工房 武雄市山内町宮野23580-1

■参加費:5,000円
☆昼食は用意いたします。
☆汚れてもいい服でご参加ください。
☆エプロン、タオルをご持参ください。

※準備の都合上、事前に参加申し込みをお願いいたします。
(1日10組までお受けいたします)

■問い合わせ、参加申し込み受付
TEL 0954-45-2147 FAX 0954-45-5306
お問い合わせフォームからも参加申し込みできます。
参加される方のお名前、参加日時、参加人数をお知らせください。

銀河釉でやきもの体験2012

展示会のご案内「逸品会」


歴史の深層
「歴史の深層」 高さ 29.2cm×径 18.5cm

昨年に引き続き、筑波のイーアスホールで開催されます「逸品会」に、銀河釉の作品を20点ほど出品いたします。
お近くの方は、どうぞ銀河釉を見にいらしてください。

●会期
2012年10月4日(木) ~ 10月11日(木)
10 : 00 ~ 19 : 00 (最終日は16時にて閉場)

●会場
イーアスつくば 2F イーアスホール
茨城県つくば市 研究学園C50街区1
TEL (代表) 029-828-8000

夏のお散歩2012


暑中見舞い、まだ出してないのに立秋が来てしまったと思いつつ、毎日がすぐに暮れてしまいます。みなさまは、夏バテせずにお元気でいらっしゃいますか?

まだまだ続くこの暑さに、少々、体が重たくなってきましたので、早起きをして、番犬バルトと共に、夏のお散歩を楽しんでいます。
時々、霧が深い時があって、見慣れた風景もちょっと幻想的で素敵でしたので、カメラも連れていきました。

カメラを連れていると、周りをキョロキョロしてしまうので、結構いろんな風景があることに気付きました。水滴がならんだ蜘蛛の糸など、拍手を贈りたくなります。

帰り付いた頃にはすっかり青空が広がっていて、我家の煙突も蔦だらけのいつもの夏の煙突になっていました。

これから夏の後半戦、みなさまもお疲れが出ませんようにご自愛ください。

※写真のクリックで大きな写真をご覧いただけます。
夏のお散歩2012
夏のお散歩2012
夏のお散歩2012
夏のお散歩2012
夏のお散歩2012
夏のお散歩2012
夏のお散歩2012
夏のお散歩2012
夏のお散歩2012
夏のお散歩2012
夏のお散歩2012
夏のお散歩2012
夏のお散歩2012
夏のお散歩2012

素敵なランプ、第2弾!


以前ご紹介したスノーマンのランプを作られたTさんが、第2弾のハートのランプを持って、息子さんと一緒に、訪ねて来られました。
薩摩焼の土で作られたそうですが、全てに透かしが入ったこのハート、細工の綿密さに驚かされます。
暗い中でランプに灯りを灯すと、とても幻想的で、ハートが作った光のパターンが広がりました。

こんな作品を作られる方がいらっしゃると思うと、プロの陶芸家もうかうかしてはいられませんね。夢のある作品を目指して、この暑い夏も精進あるのみ!です。

福岡滾潨会30周年


6月に「茶道遠州会福岡支部 福岡滾潨会30周年記念茶会」が、福岡市の崇福寺で行なわれました。
「福岡滾潨会」は、遠州茶道宗家13世家元の直々のご指導の元に、茶の湯を通して「人間力」を高めるということを目標に、30年前に産声を上げました。福岡の経済人が多く集われ、福岡とアジアとの国際文化交流にも貢献されています。

そのお祝いの会に中尾も出席し、記念誌をいただきましたが、銀河釉の水指が載っているページがありましたので、ご紹介いたします。
写真ではよくわかりませんが、この水指は春銀河と冬銀河の掛分でとても涼しげなキリッとした水指です。
今は茶入れに挑戦中ですが、茶道具はとても難しく、奥が深いですね。

国際協力を考える初夏の夕べ


新宿京王百貨店での作陶展の期間中に都内で、NPO法人ジョンズホプキンス大学CCP支援フォーラムによる「国際協力を考える初夏の夕べ」という夕食会が開かれ、中尾も出席いたしました。
ジョンズホプキンス大学CCP支援フォーラムは、開発途上諸国の人々の公衆衛生についての意識と態度を改善する教育キャンペーンを行ない、世界各国での保険衛生の改善、病気の予防のために活動されています。

この夕食会では、Peace Field Japan副理事長 佐藤恵里さんのお話、CCPフォーラム副理事長 李 宝珠さんのお話、ソプラノヴォーカリスト千曲風羽さんのコンサートなどがありましたが、陶芸家、中尾哲彰も時間をいただいて、皆様にお話することができました。
そのご縁で、夕食会に出席されていた方々にも、作陶展に来ていただき、心より感謝申し上げます。

▼NPO法人ジョンズホプキンス大学CCPフォーラム
http://aotama.org/

▼NPO法人Peace Field Japan(ピース・フィールド・ジャパン)
http://www.peace-field.org/

作陶展にご来場いただきありがとうございました。


毎日、とにかく暑い日が続きますが、皆様おかわりございませんか?
玉峰窯の工房も、この時期はいつも暑さとの戦いです。

夏の新宿京王百貨店での作陶展では、いろいろな方々にお運びいただき、ありがとうございました。
今年は、世の中がざわざわと落ち着かないためか、ご来場いただいたお客様の数は 少なかったのですが、初めて銀河釉をご覧になったお客様が、何度も会場に来て下さったりと、とてもいい出会いがありました。
以下、お客様からいただいた感想を一部、ご紹介させていただきます。

◯中尾先生の作品を拝見して (千葉県のS様からのお便り)

7/4はふと出掛けてみようという直感が湧き、K百貨店の美術画廊に出掛けました。 画廊入り口に展示してある青く輝く水指を見ていますと、「どうぞお入りください」という声を掛けてくれた方がいました。
中に入ると飾ってあった写真から中尾哲彰先生と分かりました。

左から順に見て行くうち、これは凄い作品だと感嘆せずにはいられませんでした。
種類の異なった釉薬の様々な作品が、宝石のように輝いていて、その気品のある形?色 、釉薬が調和して 、展示してある作品全てが、エネルギーを発しているのです。
すっかり ?圧倒されていると、先生が作品への思いや要所を教えてくださいました。
そして 、手に取るよう言われ、 その軽さに驚きました。

趣味で陶芸をやっている私は、形 重さ 薄さ 釉薬で苦労しているので 、先生の作品を触った瞬間 、その凄さが分かりました。
先生のお話を伺いながら、素晴らしいエネルギーに満ちた作品の部屋にいると、とても癒され 、心がスッキリ澄んで来るのが分かりました。

このように感動していただけると、中尾哲彰も作家冥利に尽きると思います。
これからも夢のある作品を作り続けますので、銀河釉の新作を期待してください!

銀河釉の世界 中尾哲彰 陶展


これから夏本番ですが、8月に岡山で2回目の作陶展を開催いたします。
お盆前の8月8日(水)から一週間の会期です。
暑い時期ですが、お近くの皆様どうぞお越しください。
8月11日(土)、12日(日)には、作家も会場におりますので、お気軽にお声をおかけ下さい。
お待ちしております。

●会期
2012年8月8日(水) ~ 8月14日(火) 10:00~19:30
※最終日は16:00にて閉場

●会場
岡山・天満屋 5階 美術ギャラリー
岡山市北区表町2丁目1番1号
TEL 086-231-7523 (直通)
http://www.tenmaya.co.jp/okayama/art.html#top

「寛」径 26.0cm × 高 29.8cm タイ王室ソムサワリ王女芸術賜杯受賞作品
「寛」径 26.0cm × 高 29.8cm タイ王室ソムサワリ王女芸術賜杯受賞作品
「時を超えて」径 11.3cm × 高さ 58.3cm
「時を超えて」径 11.3cm × 高さ 58.3cm