2018年4月15日

銀河釉に現れた赤い宇宙と青い宇宙!ー 2018 銀河釉 新作茶わん

まだ寒さの残る3月、とてもいいコンディションとは言い難い時期に、どうしても窯入れをしなくてはいけなくて焚いた本窯で、見事な茶わんがとれました。

たった一つだけですが、銀河釉の赤が出ました。赤い銀河釉は、中尾が長年、目指していますが、簡単なものではありません。この茶わんの他は、全滅でしたが、今までにない色です。

写真では、なかなかその魅力をお伝えできませんが、陶芸の不思議を感じていただけるように、青い宇宙の銀河釉茶わんと共に、写真を掲載いたします。
有田陶器市で展示いたしますので、どうぞ実物をご覧になってください。

銀河釉に現れた赤い宇宙と青い宇宙!ー 2018 銀河釉 新作茶わん

銀河釉に現れた赤い宇宙と青い宇宙!ー 2018 銀河釉 新作茶わん

銀河釉に現れた赤い宇宙と青い宇宙!ー 2018 銀河釉 新作茶わん

銀河釉に現れた赤い宇宙と青い宇宙!ー 2018 銀河釉 新作茶わん
2018年 春の新作 銀河釉「茶 盌 (井戸形)」 高さ 7.7cm × 径 13.5cm

“銀河釉に現れた赤い宇宙と青い宇宙!ー 2018 銀河釉 新作茶わん” への2件のフィードバック

  1. 信行千尋 より:

    こんにちは 信行千尋です。
    ご無沙汰しております。
    今日吉田智明君が来て話しておりました折り、中尾君の新作のことを話してWebで見せました。
    「赤色」について色々話が進み是非拝見したいと申しておりましたことお伝えします。
    勿論 素晴らしい出来栄えに感嘆してのことであります。
    お互いに忙しくしている直な為、秋風が感じられる頃にでも拝見できたら良いな・・・なんて(ほんのちょっと前)話して帰ったところです。

  2. 銀河釉 より:

    信行さん、コメント、ありがとうございます!
    吉田さんと、中尾の新作のことで、話がはずんだのですね。その場に、中尾君もいることができたら、どんなに楽しかったことでしょう!

    「赤い茶わん」は、「青色の茶わん」に比べて、一見変化が乏しいように思われますが、光の加減で色々な見え方をする不思議な茶わんです。是非、ご覧いただきたいです。

    今週末から、新宿のギャラリーでの個展があるので、しばらくは東京ですが、その後は9月27日からの池袋、東武での個展まで、夏の暑さと戦いながらの制作期間ですから、時間があられたら、いらしてください。でも、信行さんも夏はお忙しく、まだ秋風も吹きませんね‥‥。いつか、お会いできる日を楽しみにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です