2014年12月16日

「有田への憧憬」秋のイベントのご報告

寒くなってきましたね。
12月になり、今年もそろそろ終わりと気もそぞろになってきましたが、皆様、お元気ですか?
先月の秋の有田の陶磁器まつりでは、たくさんの方々にお越しいただき、ありがとうございました。

玉峰窯の初めての試みとして行なった「有田への憧憬」展。
有田の伝統を感じさせる商家に、歴史民俗資料館からお借りした古写真や、やきものを作るための道具、昭和初期のやきもの、火鉢などを展示しました。

懐かしい火鉢に火を入れると、良い香りがする!と炭の匂いに魅かれて店内に入って 来られたり、ご家族で記念撮影をされたりと癒し空間に!
古写真を見ながら、有田の陶業の歴史を説明させていただくと、こんな歴史があったんですね、有田のファンになりましたと嬉しい言葉!

小さな試みでしたが、お客様の心に響くものがあったと感じました。
これからも、先人たちの努力の上にあるこの陶業の歴史とやきもの作りの魅力を発信していきます!

「有田への憧憬」秋のイベントのご報告

「有田への憧憬」秋のイベントのご報告

「有田への憧憬」秋のイベントのご報告

「有田への憧憬」秋のイベントのご報告

「有田への憧憬」秋のイベントのご報告

「有田への憧憬」秋のイベントのご報告

「有田への憧憬」秋のイベントのご報告

「有田への憧憬」秋のイベントのご報告

「有田への憧憬」秋のイベントのご報告

「有田への憧憬」秋のイベントのご報告

「有田への憧憬」秋のイベントのご報告

「有田への憧憬」秋のイベントのご報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です