2008年11月11日

玉峰窯の秋の窯祭り-銀河釉で焼物体験-


素焼窯から上がったみなさんの作品です。これからいろいろな色の銀河釉の器になります。


(左)たたら作りでいろんな形のお皿をつくっています。(右)みなさん、初めてのロクロ体験。

11月1・2・3日と初めての「玉峰窯 秋の窯まつり」を行いました。

1日は土曜日で、「銀河釉で焼物体験」を申し込んでこられる方もなく、こちらもまだ準備中という状態。2日、3日はご夫婦や、姉妹、お友だち同士でと申し込まれた方々が来てくださって、賑やかで楽しい一日でした。

まずは、たたら作りでお茶碗やお皿、マグカップなど思い思いの器を作ってから、一度はやってみたいロクロ体験。見ているだけなら、簡単そうなロクロもやってみると、さあ大変。なかなか土が思うようにならないことがわかります。

お昼は、むかごや緑米をいれたおにぎりなど地元の食材を使ったお料理でおもてなしをしました。焼物作りは初めてという方も多くて、みんな日が落ちるまで、熱心に焼物作りを楽しまれていましたよ。

みなさん、来年も参加しますとおっしゃっていましたので、こういう企画をしてよかったなあと思いましたが、まずはこれから、みなさんの作品がうまく焼き上がるようにがんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です