2012年11月15日

やきもの体験の作品、仕上げに入りました。

だんだん、ストーブを入れなくてはいけない気温になってきましたね。
みなさん、お元気ですか?

やきもの体験に参加された方々、みなさん自分の作品がどうなっているかなあと、ご心配されている頃だと思いますが、窯上げが終わって、仕上げに入りましたよ。
今回は、窯入れの前に窯の総点検をしたおかげで、ずいぶん発色の良い作品がありました。

しかし、銀河釉の作品は窯上げして完成!というわけにはいかないので、これからグラインダーなどを使ってひとつひとつ作品の仕上げをしていきます。
これがなかなか大変な作業で、中尾先生も毎日、大奮闘です。

そして、仕上げがすんだらみなさんの作品を点検して、仕分けをしていきますので、もうしばらく首を長くしてお待ちくださいね。

みなさんの作品一つ一つに合わせたハマを作っていきます。
みなさんの作品一つ一つに合わせたハマを作っていきます。
ハマの上に作品をのせて、窯積みしていきます。
ハマの上に作品をのせて、窯積みしていきます。
お皿は、一番上に積みました。
お皿は、一番上に積みました。
窯詰め完了!さあこれから、本焼です。
窯詰め完了!さあこれから、本焼です。
本窯から上がったみなさんのロクロ作品。
本窯から上がったみなさんのロクロ作品。
こちらは、たたら作りの作品たち。
こちらは、たたら作りの作品たち。
釉薬が流れてハマがくっついてしまいました。
釉薬が流れてハマがくっついてしまいました。

どうにかハマを取って、グラインダーで底の仕上げをしています。
こちらも所々、釉薬が流れついています。
こちらも所々、釉薬が流れついています。
底が平になるように仕上げています。
底が平になるように仕上げています。
カップの仕上げです。
カップの仕上げです。
粉塵で真っ白になりながら、奮闘中です。砥石が、すり減ってこんなに小さくなってしまいました!最初はカバーと同じ大きさの砥石だったんですよ。
粉塵で真っ白になりながら、奮闘中です。砥石が、すり減ってこんなに小さくなってしまいました!最初はカバーと同じ大きさの砥石だったんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です