2012年9月25日

秋の長閑な一日、彼岸浮立のご紹介

このごろは、穏やかな過ごしやすい毎日ですが、みなさんお元気ですか?

穏やかな秋の一日、山内ではお彼岸の浮立が町中で奉納されました。
今年は、この浮立を見て回るツワーバスが始めて出ていましたが、こういう郷土芸能もだんだん受け継ぐのが難しくなってきているようです。

私たちの住む立野川内地区は、虎浮立が名物ですが、この浮立の「二十四孝」という演目に、始めて息子の真徳が出ましたので撮影しました。
少林寺拳法をやっている息子の長年の相棒に誘われての参加でしたが、いつもは武道に励んでいる圭一郎君と真徳のちょっと違った一面が見られて楽しかったです。
そして、この長閑な田園風景がいつまでも続くようにと願った一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です