2012年7月29日

作陶展にご来場いただきありがとうございました。

毎日、とにかく暑い日が続きますが、皆様おかわりございませんか?
玉峰窯の工房も、この時期はいつも暑さとの戦いです。

夏の新宿京王百貨店での作陶展では、いろいろな方々にお運びいただき、ありがとうございました。
今年は、世の中がざわざわと落ち着かないためか、ご来場いただいたお客様の数は 少なかったのですが、初めて銀河釉をご覧になったお客様が、何度も会場に来て下さったりと、とてもいい出会いがありました。
以下、お客様からいただいた感想を一部、ご紹介させていただきます。

◯中尾先生の作品を拝見して (千葉県のS様からのお便り)

7/4はふと出掛けてみようという直感が湧き、K百貨店の美術画廊に出掛けました。 画廊入り口に展示してある青く輝く水指を見ていますと、「どうぞお入りください」という声を掛けてくれた方がいました。
中に入ると飾ってあった写真から中尾哲彰先生と分かりました。

左から順に見て行くうち、これは凄い作品だと感嘆せずにはいられませんでした。
種類の異なった釉薬の様々な作品が、宝石のように輝いていて、その気品のある形?色 、釉薬が調和して 、展示してある作品全てが、エネルギーを発しているのです。
すっかり ?圧倒されていると、先生が作品への思いや要所を教えてくださいました。
そして 、手に取るよう言われ、 その軽さに驚きました。

趣味で陶芸をやっている私は、形 重さ 薄さ 釉薬で苦労しているので 、先生の作品を触った瞬間 、その凄さが分かりました。
先生のお話を伺いながら、素晴らしいエネルギーに満ちた作品の部屋にいると、とても癒され 、心がスッキリ澄んで来るのが分かりました。

このように感動していただけると、中尾哲彰も作家冥利に尽きると思います。
これからも夢のある作品を作り続けますので、銀河釉の新作を期待してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です