2011年5月13日

やきもの体験に参加された方からのお手紙

長雨が上がって、新緑が目に映える季節になりましたね。
先日、やきもの体験に参加された、福岡のT.Hさんからお手紙をいただきましたので、以下、抜粋してご紹介いたします。

心待ちにしておりました、陶芸体験の折の作品が先日届き、期待と不安の入り交ざった気持ちで一つ一つ包みを開けていきました。

今回、私の作品は、板状の物をつなぎ合わせたり、小さい型の物も多かった為、乾燥時のひび割れや、焼きの段階で割れてしまうのではないかと、作った時点で大変心配していましたので、作った物全てが無事で、しかも、大好きな銀河釉によって想像以上の出来映えになっていた事に、嬉しさと、感激で胸がいっぱいになりました。

作品の一つ一つを手に取る度に、作った時の想いや、楽しかった陶芸体験の一日が思い出され、こんなに小さな物を一つ一つ工夫をされながら仕上げて下さった先生の姿も想像しつつ、どれも思い入れの深い、他にはない、世界に一つの私の大切な作品となりました。大事に使っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です