やきもの体験のお葉書(2)


〜 西川さんからのお便り 〜

師走に入り、寒さも本格的になり、昨日は、福岡でも少ない雪が舞いました。皆様お元気でらっしゃいますか。作品の配達まで大変な作業であられたことと思います。ありがとうございました。
本当に嬉しかったです。作陶活動お忙しい中、焼物体験の機会を設けて頂き、また、私達みたいな者が参加できたこと、大変感謝しています。
来年も是非参加させて頂けますようお願い致します。

メールでも感想いただきましたのに、お葉書も書いていただきまして、ありがとうございます。来年もまた新作の構想を練って、どうぞご参加ください。お待ちしています!

メリークリスマス


今日は朝から時々、粉雪がちらほら。冷たい一日になりそうです。
でも、我家には今年出会った方々やオールドフレンドからいろいろなプレゼントが届いて、ほっかほかのクリスマスになりました。

ムーミンの絵はがきはフィンランドから訪ねて来られたサラさんから。クリスマスにサンタさんのお国からお便りいただくなんて、もう最高です!
おしゃれなお菓子は、フィレンツェでお仕事している旧友と、仙台に住まわれている銀河釉ファンの方からの贈り物。

仙台で震災に遭われたNさんは、辛い目に合われた親戚の方々を励まされるためのクリスマスパーティに冬銀河の食器を選んでくださいました。
銀河釉が、東北の方々にほんのちょっとの光でも届けられたのは、とても有り難く、こちらも励まされました。
Nさんとメールでやりとりをしているうちに、とても心通じるものを感じ、2011年、この年を忘れないようにと改めて心に誓っています。

カラフルな豆菓子は、有田で銀河釉と一緒にお店をやっている菖蒲の隠者さんからのいただきもの。いつもこつこつ銀河釉ファンを増やしていただいて、力を貸してくださる隠者さんは、なくてはならない人。
お友達の大阪の楽豆屋さんのお豆さんですが、昔食べた「雀の玉子」もこんなにおしゃれになるんですね。

皆さんのところにもきっと、たくさんの心温まるプレゼントが届いていると思います。
どうぞ、今日はたくさんの大切な人々が幸せな時間を過ごされますように!

やきもの体験のお葉書


〜 村本さんからのお便り 〜

抹茶碗、絶対に無理だと諦めておりましたので、言葉では言い表せない程感激致しました。きっと、先生が試行錯誤して焼いて下さったのだろうな…と感謝の気持ちで一杯です。
お正月、この愛しい抹茶碗で、お茶を点てて飲めると思うと、今からとても!!楽しみです。来年の焼物体験は建水に挑戦してみようかと思っております。10月が待ち遠しいです。
本当にありがとうございました。

ろくろ回し体験は、2度目だったのですが、毎回難しい事だと思いつつ、すぐに帰る時間になってしまいます。
今回は、小皿5枚と料理鉢の釉薬がとてもきれいに出ていて、大変感激してます。
次回の体験までにじっくりと構想を練って参加させて頂きます。

村本さんへ
昨年、偶然やきもの体験の時にお見えになって、今年もご参加いただいた村本さんご夫妻。今年、お見えになったときのはりきりぶりは印象に残っています。抹茶碗、いい色に上がっていましたね。
次回のチャレンジまでに、いろいろ作戦を考えてください。
これも一年間の楽しみだと思います!

〜 坂田さんからのお便り 〜

師走のお忙しい中、器を仕上げて送って下さりありがとうございます。
湯呑みのつもりがぐい呑みサイズになっていたり、期待していなかったトナカイが実は最高傑作だったりと発見と学びの数々に家族一同大盛り上がりでした。
早速、食卓で使っていますが、しみじみ「良いねぇ」と語り合っております。全員「来年も!」と言っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

坂田さんへ
ご一家でご参加いただいた坂田さん。やきものを作られていた時もとても楽しそうでしたが、届いた作品をみなさんでご覧に成っている時の賑やかさも、目に浮かびます。
以前ご購入いただいた夏銀河のぐい呑、割れてしまったけれどそれを自分で金接ぎしましたというお話には、こちらも感動いたしました。大切にしてもらって、銀河釉は幸せです!

〜 赤穂さんと前川さんからのお便り 〜

受けとりました。毎回届いて開ける時、わくわくどきどきです。(前川さんと2人奇声はっしながら…)今回は動画も作っていただき他の方のすばらしい作品も楽しみました。
来年も是非参加よろしくお願いします。奥様のすばらしいランチも楽しみです。 ありがとうございました。 くれぐれもお身体きをつけられて作陶されてください。
良いお年をお迎えください。

今年も残り少なくなりました。
作品届きました。ありがとうございました。
又、昨年と同じような器を作ってしまいましたが、年1回で自分では良く出来たと自画自賛いたしています。こんどは少し変化したいと思います。インターネットを持っておりませんが、子供のところでみました。
ありがとうございました。 実物より美しい?かな。
でも銀河釉の輝きは手にとって角度をかえながら眺めるのが一番です。
皆様お揃いで良いお年を!!
先生お体を大切に!!

赤穂さんと前川さんへ
いつもお二人でご参加いただいて、ありがとうございます。
きっと仲の良いお友達でいらっしゃるんですね。
こんなふうに、一年間の楽しみとして受け取っていただけると、こちらもがんばらなくちゃ!と思います。
今回初めて作ったスライドショーも好評で、嬉しいです。奥様のランチ、楽しみにしていてください!

セレクトショップ To & Fro のご紹介



銀河釉「春夏秋冬」To & Fro取扱の銀河釉の小皿揃いです。

銀河釉に出逢えるお店に、新しいショップが仲間入りしました。
To & Fro」というネットショップです。
オーナーは、銀河釉の今年最高の喜びごと、クリスティーズ出品を実現してくださった方です。

長年のイギリス暮らしで身につけられた審美眼で、銀河釉だけでなく、いろいろな美しいアンティーク、アクセサリー、雑貨を選ばれています。
中には、コレクションされている方にはたまらないような限定物の「テディベアー」や「不思議の国のアリス」の挿絵のアンティークプリントなどがあります。

これから取り扱われる商品も、増えていくそうですので、楽しみですね!

セレクトショップ To & Fro
http://www.to-and-fro.com/

また、「To & Fro」のショップ名の由来についてお伺いしましたところ、銀河釉がめざしているものに通じる素敵な一文をいただきましたので、ご紹介いたします。
ショップ名の由来【PDFファイル】

みなさん、見てください!【放映延期】


楽しみにしていたミニドキュメンタリーの放映が、来年に延期になりました。
FBSのディレクターの方から、ご連絡いただきました。
金正日死去の報道から、番組編成の変更があったようです。
金正日死去は、大きな事件なので仕方がありません。

また、来年の放映予定日がわかったらお知らせいたします。
みなさん、ごめんなさい!

みなさん、見てください!


旧川南造船所1
旧川南造船所2
旧川南造船所3
旧川南造船所4

12月になり、寒くなりましたね。
年の瀬で、なんだかそわそわ、慌ただしくなってきました。
そんな中、12月21日にFBS、福岡放送で放映される夕方のニュースで、うちの娘がミニドキュメンタリーに出る事になりました。

夏休みに、父と友人の3人で見に行った「旧川南造船所」という戦争の記憶を 残す建物について、佐賀新聞の編集局長宛に送った手紙がきっかけです。
編集局長の特別企画で記事になり、それを読まれたFBSの方が、取材をされました。

どのような番組なのか、私たちも楽しみにしていますが、みなさん良かったらチェックしてください。
夕方の6 : 20過ぎごろです。
やきもの体験にご参加された方々にはなつかしい、うちの工房や鄙びた風景が出るかもしれません。

また、娘は絵を書く事が大好きで、このごろブログを始めました。
誰も見に来てくれないブログだと言っていますが、よかったらこちらも覗いてみてください。
http://masamichio.blog.fc2.com/

銀河釉やきもの体験スライドショー


12月も半ばとなり、今年も残り少なくなってきましたね。
銀河釉の展示会も「貴兆陶家」での作陶展が終わり、今年のスケジュールはすべて無事終了いたしました。
お忙しい中、作陶展の会場へお出かけいただきました皆様、ありがとうございました。
また、今年の締めくくりとして、10月に行ないました「銀河釉やきもの体験」のみなさんの作品がすべて、焼き上がりましたので、ご紹介いたします。
みな、とても力作ぞろいですので、スライドショーを作りました。
どうぞ皆様、ご覧に成ってください。

※動画は音声が出ますので、ボリュームにご注意ください。

中尾哲彰作陶展



「銀 河」2009年制作 高さ 30.0cm×径 38.3cm

12月、カレンダーも後1枚、今年も最後の月になりました。
玉峰窯も今年の締めくくりとして、芦屋の「貴兆陶家」で作陶展を行ないます。
12月恒例の作陶展も、今年で3回目になります。
今年は11月にロンドンのクリスティーズオークションに出品という嬉しいご報告が 出来ましたが、その世界のトップコレクターをも納得させた「銀河釉」の作品を 展示、販売いたします。
会期中の土、日には作家も会場におりますので、お近くの方々、どうぞご来店ください。 お待ちしております。

●会期
2011年12月3日(土) ~ 12月11日(日) 11:00 ~ 18:00(会期中は無休)

●会場
貴兆陶家
芦屋市朝日ヶ丘町28-25 【地図
TEL・FAX 0797-22-0377

●作家在店日
12月3日(土)、12月4日(日)、12月10日(土)、12月11日(日)