秋の味覚


今年も、有田陶器市にいつも来ていただいて親しくなった諫山さんからたくさんの葡萄を送っていただきました。

早速、夏銀河のお皿に、庭の白木蓮の大きな葉っぱを添えて写真撮影。 葡萄色がいきいきしてきました。

撮影の後は、もちろんみんなでおいしくいただいて大満足! いつもおいしい秋を、ありがとうございます。

賞状と作品


7月にバルセロナ海洋博物館で開催された「Heart Art in BARCELONA ~日西芸術交流祭~」の報告書が届きました。

出品作品は、銀河釉 東洋的「無」です。

陶芸品や芸術作品の保護活動をしているバルセロナ芸術財団(アルティガス財団)の会長、ジョアン・ガルディ・アルティガス氏が、この作品の前に椅子をもってきて一時間ほどご覧になっていたそうです。

「バルセロナ陶磁芸術財団賞」もいただきました。 スペインの方たちにも銀河釉の美しさが伝わったようで、嬉しい報告でした。

百日紅


7月、8月はとても暑い日が続きましたが、ここに来てやっと朝晩、涼しさを感じるようになりました。 玉峰窯の庭では、百日紅 (さるすべり) のピンク色の花が鮮やかです。 この夏はあまりに暑くて本窯を焚くことができませんでしたので、これから本格的に窯入れをしていきます。 秋には新しい銀河釉の作品、商品がそろいますので、秋の作品展をお楽しみに!

京王の作品展を見に来られた方が、ブログで銀河釉を紹介してくださっています。
海外で日本人の様々な作品を紹介されている方のブログです。是非読んでみて下さい。
http://www.tradewing.jp/blog/2008/07/post_115.html