Merry Christmas ! Mr.Fukeの美しい写真!


今年ももうすぐ、クリスマス!
いろいろなところで、見慣れた風景がライトアップされて、ちょっとワクワク、ひととき幸せな気分になれますね。

その冬の風景の暖かさを感じていただこうと、銀河釉からもみなさんに美しい写真のプレゼントをいたします。
私たちの友人である写真家、福家さんの写真です。
下記に並んだ小さな写真をクリックすると、目の前に美しい写真が広がります。

先月、大分別府での現代アートのイベントに参加された後、我家を訪ねてくれた友人。海外での作品発表もされているので、色々な話題に花が咲き、楽しい時間でした。

来年の有田陶器市では、彼の作品をお借りして展示し、みなさんにご覧いただきたいと思っていますが、その前にちょっとだけ作品をご紹介いたします。

また、写真集にリンクを張っていますので、アーチストの研ぎすまされた感性による美しい写真をどうぞご覧になってください。
■写真集
■ホームページ
■Facebook

うちの近くの風景を見るMr.Fuke。いつもの見慣れた風景も、アーチストが立っているだけで、何か張りつめた空気感が漂ってきます!
うちの近くの風景を見るMr.Fuke。いつもの見慣れた風景も、アーチストが立っているだけで、何か張りつめた空気感が漂ってきます!

彼の着ているセーター&パンツは自分でリメイクしたGood Design ! お裁縫の腕もなかなかでしたよ!
彼の着ているセーター&パンツは自分でリメイクしたGood Design ! お裁縫の腕もなかなかでしたよ!

彩の夜 Bright colored night-1

彩の夜 Bright colored night-2

お菓子の雪 Snow of the candy country (白い夜)

お菓子の雪 Snow of the candy country (白い朝)

肌雪B Skin of the snow-b

2013年1月に熊本「鶴屋」で作陶展を開催いたします。


今年も残すところ後10日。いよいよ年の瀬ですね。
みなさんにとって、2012年はどんな年だったでしょうか?

玉峰窯の一年は、のんびりした環境の中でも、色々やることも多くて、充実していました。新たな人たちとの出会いがあり、旧知の人たちとも親しく語り合えたのがなによりでした。

来年、2013年は熊本「鶴屋」での作陶展からスタートいたします。
熊本での作陶展は2年半振りですが、お近くの方はどうぞお越しください。

世界が高評する「銀河釉の世界」中尾哲彰 作陶展

世界が高評する「銀河釉の世界」中尾哲彰 作陶展

●会期
2013年1月16日(水) ~ 22日(火) 10:00~19:00 (金・土は19:30まで)
※最終日は17:00にて閉場

●会場
鶴屋百貨店 本館8階 美術ギャラリー
熊本市中央区手取本町6-1
TEL 096-327-3664 (直通)
http://www.tsuruya-dept.co.jp/access/index.html

「銀河釉やきもの体験 2012」 のみなさんの作品完成!


今年も残り少なくなってきましたが、みなさまお元気ですか?
10月の3連休に行ないました「銀河釉やきもの体験」の作品がようやく完成し、先日みなさまの元へ発送いたしましたが、無事に届きましたか?

クリスマスまでにお届けできて、こちらもほっと一息ですが、今年のみなさんの作品はとてもいい色合いのものが多く、素敵でした!
みなさんの作品をスライドショーにして、作品集をつくりましたので、どうぞご覧になってください。

「銀河釉やきもの体験 2012 作品集」スライドショー


最後に作品を受け取りに来ていただいたMさんご夫妻


この器の釉薬のたれ具合がいいなー。


力作!横から見るとポケモンのキャラクターのようにユーモラスでした!

秋の有田陶磁器まつり、アリタマルシェも開催!


11月22日から「秋の有田陶磁器まつり」開催中ですが、今年は、玉峰窯のお店の近くの陶山神社の境内で、「アリタマルシェ」も開かれています。
秋色に染まった山々を背景に、有田の窯元さんや若いクラフトマンたちの楽しい作品のお店が、たくさん並んでいて、ミニコンサートもやっていました。
暖ったかーいミネストローネやパンのお店もあって、何だかほっとできますよ!

もちろん、私たちも銀河釉のお店で、みなさんをお待ちしております。
コーヒーブレイクにどうぞお立ち寄りください!

貴兆陶家で開催!「銀河釉の世界」中尾哲彰 作陶展


今年も、2012年の締めくくりの作陶展を、芦屋の貴兆陶家で開催いたします。
会期は、12月1日(土)~9日(日)の9日間です。

当初は12月8日から開催の予定でしたが、一週間早く開催することになりました。
この時期は選挙戦などで、街中賑やかになると思いますが、お近くの皆様どうぞお越しください。
今年の銀河釉の新作を展示いたします。

また、12月1日(土)、2日(日)、8日(土)、9日(日) は、作家も会場におりますので、お気軽にお声をおかけ下さい。
お待ちしております。

「銀河釉の世界」中尾哲彰 作陶展

●会期
2012年12月1日(土) ~ 12月9日(日) 11:00~18:00
※会期中は定休日の月曜日も開店いたします。

●会場
「貴兆陶家」芦屋店
兵庫県芦屋市朝日ヶ丘町 28-25 新タムラビル BF北
TEL 0797-22-0377


アラビアの印象

やきもの体験の作品、仕上げに入りました。


だんだん、ストーブを入れなくてはいけない気温になってきましたね。
みなさん、お元気ですか?

やきもの体験に参加された方々、みなさん自分の作品がどうなっているかなあと、ご心配されている頃だと思いますが、窯上げが終わって、仕上げに入りましたよ。
今回は、窯入れの前に窯の総点検をしたおかげで、ずいぶん発色の良い作品がありました。

しかし、銀河釉の作品は窯上げして完成!というわけにはいかないので、これからグラインダーなどを使ってひとつひとつ作品の仕上げをしていきます。
これがなかなか大変な作業で、中尾先生も毎日、大奮闘です。

そして、仕上げがすんだらみなさんの作品を点検して、仕分けをしていきますので、もうしばらく首を長くしてお待ちくださいね。

みなさんの作品一つ一つに合わせたハマを作っていきます。
みなさんの作品一つ一つに合わせたハマを作っていきます。
ハマの上に作品をのせて、窯積みしていきます。
ハマの上に作品をのせて、窯積みしていきます。
お皿は、一番上に積みました。
お皿は、一番上に積みました。
窯詰め完了!さあこれから、本焼です。
窯詰め完了!さあこれから、本焼です。
本窯から上がったみなさんのロクロ作品。
本窯から上がったみなさんのロクロ作品。
こちらは、たたら作りの作品たち。
こちらは、たたら作りの作品たち。
釉薬が流れてハマがくっついてしまいました。
釉薬が流れてハマがくっついてしまいました。

どうにかハマを取って、グラインダーで底の仕上げをしています。
こちらも所々、釉薬が流れついています。
こちらも所々、釉薬が流れついています。
底が平になるように仕上げています。
底が平になるように仕上げています。
カップの仕上げです。
カップの仕上げです。
粉塵で真っ白になりながら、奮闘中です。砥石が、すり減ってこんなに小さくなってしまいました!最初はカバーと同じ大きさの砥石だったんですよ。
粉塵で真っ白になりながら、奮闘中です。砥石が、すり減ってこんなに小さくなってしまいました!最初はカバーと同じ大きさの砥石だったんですよ。

クリスティーズオークションに出品のご報告


THE JAPANESE AESTHETIC
Wednesday 7 November 2012 / London,South Kensington

野山の木々もすっかり色づき、秋の深まりを感じるこのごろ、大変嬉しい知らせが届きました。
昨年秋の出品に引き続き、11月7日にロンドンのサウスケンジントンで開催された世界的なオークション、クリスティーズの「THE JAPANESE AESTHETIC」に銀河釉の茶盌が2点出品されたというお知らせです。

夏銀河天目盌 「深遠」(Profound Space) と秋銀河椀形茶盌 「秋麗」(Serene Autumn)ですが、 このうち、秋銀河椀形茶盌 「秋麗」が、落札されました。このように世界の美術市場に銀河釉を紹介していただいたことは、このうえもなく喜ばしいことです。

この「THE JAPANESE AESTHETIC」のカタログには、バーナード・リーチの特集や島岡達三、宮川香山など陶芸史に残る人々の作品も掲載されていますが、江戸時代の柿右衛門、古伊万里などの陶磁器や漆器、鋳金、根付け、刀など、 匠で美しい作品が掲載されていて、かつての日本人の誠実な手仕事とその美意識に心をうたれます。

「THE JAPANESE AESTHETIC」の美しいカタログは、クリスティーズ (CHRISTIE’S)のウェブサイトにecatalogueとして掲載されていますので、 みなさま是非一度ご覧になってください。 まるで、美術館めぐりをしているような感動がありますから。

THE JAPANESE AESTHETIC

やきもの体験、みなさんの作品に釉薬掛けをしています!


今日は穏やかな一日ですが、一週間程前に吹いた大風で、窯場の屋根のトタンが、ちょっと怪しい状態に!
大急ぎで屋根修繕をしました。
皆さんの所では、大事ありませんでしたか?

やきもの体験で作られた皆さんの作品は、今、釉薬掛けをしています。
素焼窯から上がったみなさんの作品を色別に仕分けして、やっと釉薬掛けにたどりつきましたが、リボン形の箸置きなど色々な方が作られていて、どれが誰のか分からなくて大変!
こういう形は印入れも難しくて、またまた困ったちゃんに。
ちがう色が掛かってしまっていたら、ごめんなさい!
みなさんの作品がありますか?

やきもの体験、みなさんの作品に釉薬掛けをしています!

やきもの体験、みなさんの作品に釉薬掛けをしています!

やきもの体験、みなさんの作品に釉薬掛けをしています!

やきもの体験、みなさんの作品に釉薬掛けをしています!

やきもの体験、みなさんの作品に釉薬掛けをしています!

やきもの体験、みなさんの作品に釉薬掛けをしています!

やきもの体験、みなさんの作品に釉薬掛けをしています!

やきもの体験、みなさんの作品に釉薬掛けをしています!

やきもの体験の作品が、素焼窯に入りました!


やきもの体験の気になるみなさんの作品。
数日前に、仕上げをして素焼窯に入れ、焼成しました。
うちの一番大きな窯に積んで、焼成時間は22時間。
これから窯上げをしますが、みなさんの作品がありますか?

やきもの体験の作品が、素焼窯に入りました!

やきもの体験の作品が、素焼窯に入りました!

やきもの体験の作品が、素焼窯に入りました!

やきもの体験の作品が、素焼窯に入りました!

やきもの体験の作品が、素焼窯に入りました!

やきもの体験の作品が、素焼窯に入りました!

「秋の有田陶磁器まつり」のご案内


今年で8回目を迎える「秋の有田陶磁器まつり」
11月22日(木)~26日(月)の5日間、有田の町中で開催されます。

この秋のイベントが始まった最初の頃は、お客さんもポツン、ポツンという感じでしたが、回を重ねるごとにお客さんの数も増えてきて、町中でいろいろな企画をされています。
もちろん春の陶器市のような賑わいはありませんが、その分ゆっくりと有田の普段の町並みを散策できます。

玉峰窯もこの時期は、春の陶器市と同じように「一日限定5個」のお買い得品やわけあり品をお店に並べて、 みなさまのお越しをお待ちしております。
新作の花瓶も出来上がる予定ですので、どうぞ見にいらしてください!

●有田観光協会サイト
パンフレット等のダウンロードができます。
http://www.arita.jp/event/toujikimatsuri/

「秋の有田陶磁器まつり」のご案内